BCAAはアミノ酸の中でもスポーツには欠かせない成分なのですが、まだまだ広くは知れ渡っていないのが現状です。

スポーツをする時に水分補給が当たり前のように、実はアミノ酸の補給も非常に重要!と言われます。

アミノ酸(BCAA)はスポーツをする上で、どのように働き、どのような効果を与えてくれるのでしょうか??
また、併せて摂取すると良い成分も一緒に見ていきましょう。

スポーツとアミノ酸の関係

私たちの身体は水分が約60%、約20%がタンパク質、残りの20%は脂質や糖質などで構成されています。
筋肉を作り出すのも、骨の成長、血管などもタンパク質から作られています。

スポーツをすることで体内のアミノ酸がどんどん消費されていくと、疲労や筋肉の損傷・減少の原因にもなるのです。

アミノ酸の摂取は、筋肉の強化、競技力の向上にも大きく影響を与えることが明らかになってきているのです!!!

スポーツ選手が愛用する理由

アスリートにとって運動による疲労の早期回復は、競技パフォーマンスを最大限に発揮するためにも重要です!!

スポーツ時にアミノ酸(BCAA)を摂取することで、筋タンパク質の合成促進、分解抑制、筋損傷の軽減、筋肉中のグリコーゲンの節約、筋肉痛の原因となる乳酸の産生抑制などの効果が期待できます!

運動中のエネルギーは、体内の糖質や脂肪、血液中のBCAAを使って産み出されますが、これらを使い切ってしまうと、筋肉の材料となるBCAAもエネルギーとして使い始めるため、筋肉の分解をし始め競技のパフォーマンスにも影響を与えかねません。

BCAAを摂取することで、消費される分を補い筋肉疲労を最小限に抑えることで集中力も持続、最大限の力を発揮することができるのです!!

また、筋肉の分解を抑制することで運動後の疲労回復も早くなり、翌日に疲れを残すことなく次につなげることができるのです!!

アミノ酸はスポーツのドーピング禁止薬物のリストにも入っていないので、安心して使える成分として重宝されています。

(参考:BCAAとは?効果は?摂取量の目安・摂取タイミングは?

BCAAと一緒に摂取したい成分


アルギニン
成長ホルモンの分泌を促して筋肉のダメージを修復・筋肉量を増やす
血管を拡張して血液循環を良くする
運動時の疲労感を起こすアンモニアを抑制する などの効果を持っていてスタミナドリンクにも含まれるアミノ酸です。


グルタミン
グルタミンは特に激しいスポーツ時に失いやすい成分。
免疫力の低下を抑える
筋タンパク質の合成促進・分解抑制


アラニン・プロリン
アラニンは肝臓で血液中のアミノ酸から糖(グルコース)を作り出す糖原性アミノ酸。
グルコースの合成速度は他のアミノ酸よりも大きいです。

プロリンもアラニンと同じく糖原性アミノ酸で糖を作り出す力が強いアミノ酸です。
運動中にアラニンとプロリンは徐々に減少していくので、エネルギー源の維持のため補給すると良いでしょう。

まとめ

BCAAをは筋肉のエネルギー、疲労回復効果も期待でき、あらゆるスポーツに有効な成分と言えます。

BCAAはタンパク質に含まれる必須アミノ酸の一種。
食事から推奨摂取量を摂ることはなかなか難しく、配合されているサプリやプロテイン、セリー飲料、粉末状のアミノ酸から摂取することが主です。

特にスポーツ選手は、食事だけではまかないきれない栄養素が必要となるため、サプリやプロテインの併用は必須です。

アミノ酸は体内にもともと存在する成分でもあるので、ドーピング検査にも引っかかることもなく、競技のパフォーマンスを上げられると人気の成分です!!