身体を鍛えるために一生懸命 毎日コツコツとトレーニングを重ねる人もいるでしょう。

実は、毎日筋トレをしてはいけない!!?って知っていましたか??

毎日筋トレをしてはいけない。と言われる理由

毎日筋トレをしてはいけない理由。それは「超回復」に関係があります。

超回復とは、トレーニングなどで損傷した筋肉をよりパワーアップさせて回復させることをいいます。
一般的に超回復に要する時間は48時間から72時間。

トレーニングと超回復を繰り返す(サイクル)ことで、筋肉が大きくなっていくのです!

この超回復にかかる時間は、しっかりと休息させないといけない。と言われている為、毎日の筋トレはしなくてもよい。と言われる所以です。

*超回復についてはこちらを参照→アウターマッスルを鍛えるには「超回復」が鍵☆

毎日トレーニングしたらどうなる??

超回復を無視して、毎日トレーニングしたらどうなってしまうのでしょう??

筋トレ後は筋肉の損傷だけでなく疲労も溜まっています。
疲労が残っている状態で、毎日筋トレを続けても身体を疲れさせるだけです。

損傷している筋肉がまだ治っていない状態で、トレーニングを行っても効果は無いのです!

筋肉を増大させるには、筋トレだけでなく休養も必須!
これらが揃って初めて、筋肉の成長の条件が整うのです!!

毎日 筋トレを続けても、筋肉を成長させることには繋がらないのです。

毎日してもいい筋トレもある!?

筋トレを毎日しても意味がない。とココまで書いてきましたが、
実は、毎日行ってはいいけないのはマシンなどによる高負荷がかかるトレーニングのことで、軽い自重トレーニングはOK!

また、高負荷のトレーニングでも同じ部位を行わなければいいそうです!

効率よく筋肉を大きくしたい・鍛えたいなら、しっかり鍛えて、しっかり休むのがBESTな方法といえます。

筋肉の成長とトレーニングのペース

筋肉の増大を効率よくさせるには、マシンを使ったトレーニングは毎日 部位を変えて行いましょう。
比較的負荷の少ない自重トレーニングは、毎日行っても筋肉を損傷するほど、きついトレーニングにはなりません。

マシンを使ったトレーニングは、超回復のことも考えて2.3日に1回。
自重トレーニングも毎日行ってもOKといえど、4.5日に1回は完全な休息日が作れると良いでしょう。

筋肉の成長には超回復が影響しているため休養も必要だとと書きましたが、それだけではありません。

筋肉が大きくなるためには、筋肉の破壊(損傷)・再生(回復)だけでなく、筋肉の元となるたんぱく質の合成が必要です。このたんぱく質から筋肉へ合成されることを筋たんぱく質の同化といいます。

HMBは筋たんぱく質の同化を高める!?

筋肉は常に分解と合成をしています。
筋肉の合成が、分解よりも多くなることで筋肉量が増加します。

筋肉の分解を抑制して、合成を促す働きをするのがHMBです!

くどいようですが、HMBは必須アミノ酸 ロイシンの代謝物質。
効率よく筋肉を合成するための栄養素です。

HMBをうまく活用することで、トレーニングの結果をより確実に筋肉として反映することができるのです!!

トレーニングしない日もHMBは飲むべき??

トレーニングをしない日も栄養補給は休みません!!

筋肉を休ませている時に、しっかりと栄養を摂取することでより質のいい筋肉を手に入れることができるのです!!

HMBはもちろん、たんぱく質(プロテイン)も積極的に摂取することをおすすめします!

まとめ

筋肉を増強するために毎日トレーニングをすることは、結果的に筋肉の成長を妨げることになります。

トレーニングする部位を変えればいい。という意見もありますが、個人的には、しっかりと休養をとることが、筋肉を大きくするための秘訣のように思います!

また、忘れがちなのが栄養の補給です。
たんぱく質だけでなく、HMBをプラスαすることで、筋肉の合成を促すので、トレーニングの効果を実感できるのではないかと思います!!