BCAAとHMB。
たんぱく質を構成する要素でもあるBCAA(必須アミノ酸)。
BCAAの主成分ロイシンの代謝物質がHMBです。

たんぱく質(プロテイン)を代謝させたのがBCAA(必須アミノ酸)で、更に代謝されたのがHMBということです、
HMBはBCAAのロイシンの役割を特化させた成分ということになります。

BCAAとHMBの違いその1【摂取のタイミング】

HMBの血中濃度を一定にするためにも1日に2・3回に分けて、合計3gの摂取が推奨されています。
おすすめのタイミングはトレーニングの前後

トレーニング前の摂取で、トレーニングによる筋肉の分解を抑制。
トレーニング後の摂取は筋肉の修復と合成を促進します。

BCAAはパウダー状になっているものが多く水に溶かして飲むのが一般的です。
トレーニング中の水分補給として摂取すれば、高い集中力を保ってトレーニングができます。

また、トレーニング後の30分以内「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯で、このタイミングでss=”red b”>ゴールデンタイムにBCAAを摂取しその後プロテインを飲むと、体内に吸収されやすくなります!
特に激しい筋トレの後は、胃腸も疲れているので、体内へダイレクトに届くBCAAを先に摂取するのがおすすめのタイミングです。

BCAAとHMBの違いその2【効果】

BCAAとHMBの2つ目の違いは「効果」です。

HMBはロイシンの代謝物質で、ご存知のように筋肉の分解を抑制して合成を促す成分で、HMBは筋力をUPさせる目的での、高負荷・高強度・短時間のトレーニングに適しています。

一方、BCAAは疲労物質 乳酸を抑える働きを持っており、長時間の持久力が必要なトレーニングに向いています。

筋トレをすると筋肉をアミノ酸に分解してエネルギーとして使ってしまいますが、BCAAを摂取すると分解を抑制することができます。

HMBとBCAAの併用

HMBとBCAAはもともとは同じアミノ酸なので、併用することは問題ありません。
むしろ、併用することで相乗効果が期待できます!!

もっとも効果が得られるのは激しいトレーニングを行う時です。

トレーニング中の筋肉の分解をHMBが抑制し、BCAAが疲労を軽減し集中力を維持。
トレーニングの効果を効率よく発揮させてくれる事が期待できるのです!

HMBサプリは効果ない。って聞いたけど本当のところは?のところでも触れましたが、HMBはある程度筋肉が鍛えれている人には大きな効果を感じません。
筋トレ初心者のほうが効果を感じやすいので、これから身体を鍛えてみよう!と思っている人は是非 HMBとBCAAの併用をおすすめします!!

まとめ

BCAAとHMB。
似たような効果と思いがちですが、効果や摂取のタイミングにも違いがありました。

BCAAの1つロイシンの代謝物質であるHMBは、短時間の激しいトレーニングの前後に摂取することで、筋肉の分解を抑制したり、合成を促進してくれます。

BCAAは持久力を必要とする長時間トレーニング中に摂取することで、疲労を軽減して集中力を高めてくれます。
それぞれの特徴を把握し、使い分けや組み合わせて使うと、トレーニングの効果が反映され安くなるでしょう。