HMBサプリは日本で2010年から販売されるようになった新しいサプリメント。
海外ではスポーツやボディビルの間ではメジャーなサプリです。

日本では、筋トレを行う人やスポーツ選手など一部の人にしか知られていないようですが、高齢者の筋力低下を防止するなどの効果もあるとして厚生労働省も推奨する注目の成分なのです!!

そんなHMBサプリですが、効果がある・効果がない と大きく意見が分かれているようです・・・

HMBサプリが効果が無いと言われる理由

過剰な広告記事
「簡単にバルクアップが可能」「プロテインの20倍の効果」などと、消費者が「飲めば筋肉増強できる」と受け取ってしまうような過剰に謳った広告が多く、謳い文句を信じて購入してしまうと、期待しすぎてしまって思ったような効果を感じなかった。というのも、効果がない。と言われる要因です。

HMBサプリは筋肉増強剤ではありませんし、飲むだけで筋肉ムキムキになるサプリは存在しません!(筋肉増強剤も飲むだけでは筋肉は増えません)


タンパク質の不足
HMBは必須アミノ酸の1つロイシンの代謝物質で、筋肉の合成を促進し分解を抑制してくれる効果があります。

しかし、筋肉の材料となるタンパク質そのものが体内で不足していると、筋肉の合成を促したところで筋肉はが作られません。
HMBの摂取と同時にプロテインの摂取を推奨されるのはこの理由でしょう。


摂取量が多い
HMBの効果をより実感しようと、推奨摂取量よりも多く摂取してしまう人もいます。

1日の推奨摂取量は1500㎎から2000㎎。
1日6000㎎までなら摂取しても人体に影響は無いと言われていますが、推奨摂取量以上とると逆に効果が半減してしまうそうです。


クレアチンが配合されていない
クレアチンは筋肉が収縮する時に必要なエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)の再生に使われる成分。

高い瞬発力と大きな負荷がかかるほど筋肉のエネルギーは消費されますが、クレアチンが体内に備えてあればより効果が期待できるのです!

クレアチン単独でも筋肉増量効果が期待できますが、HMBと併用することで相乗効果が期待できるのです!!

(参照:クレアチンの効果とは?摂取方法・効率的なタイミングは?)

HMBの効果を得やすい人・効果を得にくい人

HMBの効果が得やすい人と、得にくい人がいます。
その違いは、普段から筋トレをしているかどうかで大きく違うようです。

HMBの効果を感じやすいのは、筋トレ初心者です!
筋トレ初心者は継続的に筋トレを行っている人と比べ、筋たんぱく質分解が起こりやすいため、わずかなトレーニングでも効果を感じることができるようです。

HMBには筋たんぱく質の分解を抑制する働きがあり、筋タンパク質の分解が抑えられることで筋肥大にも役立つと考えられているのです。

筋トレ上級者はHMBの効果がない!?

なぜ、筋トレ上級者はHMBの効果が現れにくいのでしょうか??

筋トレを継続的に行っていると、筋肉の分解もされにくくなります。分解されにくいので、筋肉のも増えにくくなると考えられます。

筋トレ上級者は、筋肉増大効果よりも、筋肉疲労の回復促進、筋力の維持のためを思っておいても良さそうです。
HMBの効果を感じたいなら、クレアチンとの併用摂取することで一定の効果が得られると考えられます。

まとめ

HMBは、高齢者や病気のため筋力が低下していく人の筋力減少の抑制として厚生労働省も注目している成分です。

全く効果が無い!というわけではなく、効果を感じるのにはトレーニングの経験の有無が関係していました。

トレーニングの経験がほとんど無い人は、ウエイトトレーニングなどを行うと筋タンパク質が分解されやすいので、HMBが分解を抑制し筋肉の合成を促します。
また、筋肉の損傷からの回復を促進するので、筋肉痛になりにくい。

HMBの効果は、トレーニング初心者の方がHMBの効果を感じやすく、日常的にトレーニングで鍛えている人ほど効果を感じにくいのは事実のようです。

HMBを摂取してみたい!というひとの多くは、これから筋トレを始めるひとよりも、継続的に筋トレをして鍛えている人の需要が多いです。

HMBは効果がない。という説があるのは、筋たんぱく質が分解されにくい筋トレ上級者の人たちの意見なのかもしれませんね。